ホットヨガの時のオススメの服装

ホットヨガは汗を大量にかきます。

 

シャワーを浴びたくらいの汗をかきます。

 

服装を選ぶ際に一番注意したいのが、「汗を大量にかいても気持ち悪くならない」ということが挙げられます。

 

汗を大量にかいても気持ち悪くならないためには、あまり身体にぴったりとしたウェアは不適当です。

 

ぴったりしすぎていると、新陳代謝を妨げてしまいます。

 

ホットヨガを行う時は、普段とらないような姿勢や動きが多くなります。

 

金具付きのインナーは控えましょう。

 

スポーツ用のインナーか、キャミソールと一体型の物が動きやすく、無難です。

 

また、ヨガは一つ一つのポーズと合わせて呼吸法に注意を払う必要があります。

 

伸縮性の高い生地の服がヨガには適しています。

 

ホットヨガのウェアでお勧めなのが、タンクトップです。

 

教室でタンクトップを着ている女性は少なくありません。

 

動きやすさという点ではキャミソールも適していますが、実際にはキャミソールを着ている人はほとんどいません。

 

やはり「キャミソールは下着」という感覚が残っているためでしょう。

 

下半身に着用する物としては、スパッツが適しています。

 

素材がストレッチなので、激しい動きをしてもきちんとフィットしてくれます。

 

スパッツだけだと抵抗感があるという人には、スパッツの上にショートパンツを組み合わせるとお洒落です。

 

お洒落女子の間では、意外かもしれませんが、サルエルパンツが好まれています。

 

ストレッチが効いていて生地が薄めな物が適しています。

 

膝下あたりでリブがしっかり止まっている物なら、動きやすく便利です。